鎌倉はんこは、寺社仏閣が残る古都鎌倉で歴史や伝統を守りながら、神仏の分身とも言われる「御朱印、寺社朱印、三宝印、御宝印、梵字印、牛王宝印、御神印、城院、武将印、寺院印、神社印、宮司印、住職印、紋印等」をこれまでに全国各地の寺院や神社の御朱印を多数彫刻してきました。

神社・寺院は人々の尊い信仰の場・心のやすらぎ・いやしを与える聖域です。その象徴となる印は、風格と威厳を備えたものであると考えております。当店では、人々に思いが伝わる印を、一本一本を心を込めて彫刻いたします。

​御朱印の文化伝統やあるべき姿、彫刻工程について

後世に残し続ける

本格的な手彫り彫刻の

オリジナル印(主印)をお求めの方

​完全オーダーメイド

御朱印専用ゴム判でできた

オリジナル印(副印)をお求めの方

​完全オーダーメイド

一般既製品のゴム印をお求めの方

​​一般的な御朱印

 

 御朱印について 

​御朱印の意味

御朱印とは、写経を奉納した証として寺社や神社から頂く証書のようなものでした。神仏習合の時代が続いた日本では神社においても写経を納める習慣があり、現在でも寺社や神社で御朱印を所持しています。御朱印は「神仏の分身」として厳重に扱われてきました。神仏の名前やお姿、紋などの「印」をご参拝の方にお渡しすることは、神仏との縁が結ばれたということと同義であるとも言われます。寺社仏閣の御朱印は、お渡しお受け取りされる双方が常に「尊いもの」として接する意識が大切です。

神仏の分身である「印」のあるべき姿とは

どういった「印」が寺社仏閣に必要であるかは「宗派・神道」「種類」「歴史文化」が重要となります。寺院であれば宗派により印にする書体、梵字、御本尊が変わってきます。また、神社においても同様に印にする書体や神様、紋様などが大きく変わります。印の種類は名前が記載された寺院印、神社印だけでなく三宝印、御宝印、梵字印、牛王宝印、御神印、宮司印、住職印、紋印、絵柄印等、多種多様な印があります。最近では、御朱印ブームにあわせて様々な印を作成される寺院や神社があります。しかし、単なるスタンプラリーにならないように寺院や神社における歴史や成り立ちだけでなく伝統や文化なども考慮した上で「相応しい印」を作成しなければなりません。

当店では、寺院や寺社が所持する最も大切な「手彫り御朱印」、​参拝者用(スタンプ用)の「ゴム御朱印」を一つ一つ丁寧に彫刻・作成しております。

※全国の寺社・寺院様の御要望に合わせて各種御朱印の制作を承らせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。※御朱印以外にも、デザイン印、山号印、寺号印、神社名印、家紋印など、幅広く対応いたします。

​御朱印の彫刻工程

後世に残り続ける御朱印には、作成まで多くの工程があり、職人が一本一本丁寧に彫刻していきます。具体的には、印稿作成、面訂、朱打、字割、字入、荒彫、面擦、墨打、仕上、試押、補刀、押印と流れていきます。

1/1
 

 商品について 

手彫り彫刻印(主印)

完全オーダメイドの印となります。

​後世に残し続ける手で彫刻した御朱印となります。古来より寺院や神社に必ず所持されてきた手彫り仕上げの柘植(木製)の御朱印です。​また、役職印・法人印・個人の印も彫刻いたします。寺院や神社が所持する印の中で最も格式が高く、最も大切に扱われるべき印となります。神社・寺院は人々の尊い信仰の場・心のやすらぎ・いやしを与える聖域です。その象徴となる印鑑は、風格と威厳を備えたものになるよう一刀一刀心を込めて彫刻いたします。

熟練職人が一文字一文字を丁寧に彫刻する伝統的な本物の印鑑です。

寺院や神社では、「手彫り印」を重要な場面で使用します。実印と同様に、文具で使われるゴム印やスタンプ印とは違う印刀で彫刻された印鑑です。

当店では、

寺院様や寺社様から、宗派、御本尊、神様だけなく書体やサイズ、大きさなどを彫刻すべき内容をお聞きし、すべて別注で丁寧に彫刻するため、手彫仕上げの御朱印については、WEBカート販売(カート購入)は行っておりません。必ず一度こちらからご連絡させて頂いております。

 

別途お見積り後の作成となります。お気軽にご相談ください。迅速にお見積りいたします。用途、サイズ、形、書体だけでなく歴史文化や宗派等もヒアリングいたします。手彫り御朱印を作成し、その後レプリカにした参拝者用の「ゴム御朱印」(副印)の作成も可能です。

職人が彫刻したオリジナルの唯一無二の印として仕上がります。

彫刻した印は、寺社仏閣で使い始める前に「神仏の分身」として「御朱印奉斎」や「御入魂式」、「入佛式」を各々の寺院や神社でとり行います。

1/1

 彫刻御朱印について良く受けるご質問 

​・彫刻御朱印(主印)とゴム印(副印)の違いについて

・寺院神社オリジナルの印影で彫刻して欲しい

・役職印・法人印・個人の印も彫刻して欲しい

・紙に押された印影から、同じように御朱印を復元できるのですか?

・紙に書かれた文字から同じように印鑑を作成できますか?

・ゴム判(スタンプ)しか所持していないため手彫り印の彫刻をして欲しい

・どのような書体が良いのか相談に乗って欲しい

・にぎり(持つ取っ手部分)が折れたり、外れたり、ぐらぐらします

・篆書、古印体、隷書体なのか判断して欲しい

・ご神仏はどのような印影にすれば良いのか

・印影の文言はどうなっていますか?

・サイズを相談したい

・「御朱印奉斎」や「御入魂式」「入佛式」するべきですか?

・現在使用している手彫り印からスタンプ作成は可能ですか?

・どのうような朱肉を使えばよいのですか?

・手入れの仕方はどうするのですか?

手彫り御朱印についてのご相談・お申込はこちらからお申し込みください。

当店の彫刻手彫り印は、これまで​全国各地の寺院や神社にご愛好頂いております。

 

オリジナルゴム判(副印)

完全オーダメイドの印となります。

神社やお寺、お城の歴史や文化、伝統をお伺いし、オリジナル印影のゴム判を作成します。これまで利用されてきた版木や綺麗に押せなくなった印から復元も可能です。朱肉はもちろん水や油に強い、耐久性の高い御朱印専用のゴム判で作成いたします。寺院や神社用の御朱印帳だけでなくご参拝の方にお渡しするお札や絵馬、布など紙以外にもご利用頂けます。当店の御朱印用ゴム印は綺麗に、更に継続的に長くお使いできるのが特徴です。彫刻御朱印からの再現率(主印から副印への再現した場合の類似度)も非常に高く多くの寺院や神社でお使い頂いております。更に台木(にぎり)は北海道の銘木を使用した特注品となります。アクリルやプラスチックの台木(にぎり)は、何回も押印すると折れてしまうことがありますが、当店の台木(にぎり)は、接着剤や釘で接合することなく一本の木をくり抜いて作っているため折れません。御朱印用ゴム印(副印)は、あくまでも御朱印(主印)のレプリカとして使われています。

​当店の御朱印用ゴム印は、これまで全国各地の寺院や神社にご愛好頂いております。

1/1

ゴム印(既成品)

オリジナル印影ではなく定番の既製品のゴム印です。耐油性ゴム印にアクリル製の台木での作成となります。

 

、札、布にも押印できる多種類の印影をご用意しています。

1/1
 
 

 世界で唯一の美しい日本文化 

印章文化は繊細でものごとを慎重に捉える国民性でもあり大切な日本文化です

寺社仏閣の印はご参拝の方との縁を結ぶ大切なものです。

スタンプラリーとしての御朱印ではなく、後世に残り続ける品格と風格がある印を持つことが歴史文化にふさわしい姿でもあると思います。

 

また、全ての国民が印章をもっているのは世界の中で日本だけであり、大宝律令から脈々と受け継いできた文化でもあります。

繊細でものごとを慎重に捉える国民性は世界の人々からも日本人のアイデンティティとして興味深く捉えられています。

日本人として印章文化に誇りを持ち、更に、後世に美しい形で伝えることができればと考えております。

 

当店では、御朱印彫刻を寺社仏閣様とご参拝の方の縁を取り持つとても重要な職務ととらえ、日々精進して参りたいと存じます。

​百年、二百年、数千年と残り続ける御朱印となるよう一本一本を丁寧に彫刻させて頂きます。

画像提供:鎌倉市観光協会

1/1

〒248-0007 神奈川県鎌倉市御成町5-6
TEL/FAX:0467-37-9297

営業時間:10:30~18:00 
定休日:火曜日・水曜日・不定休日あり

© 2020 御朱印専門の鎌倉はんこ